ヘルスで働いてみる | 大阪や京都の風俗求人に応募してばっこり稼いでみませんか?
menu

ヘルスで働いてみる

キーボードを打つ手

ヘルスというのは非常に親密な空間です。
一昔前までは風俗と言えばヘルス。というのが一般的でした。
しかし、インターネットの普及もあり、無店舗型のデリヘルが非常に発展したために、「風俗と言えば」というイメージはデリヘルに取られてしまいました。
しかし、それでもヘルスというのは未だに人気を博している風俗店であり、根強いファンも多数います。

ヘルスというと大きく分けて二種類あります。(デリヘルは除きます。)
お店の中に個室がいくつもあり、そこで女の子は待機し、お客さんが部屋に入ってくる「箱ヘル」

お店は大きめの待合室のようなもので、近くのラブホテルにお客さんと向かってホテルでサービスをする「ホテヘル」の二種類があります。

どちらが優れているかと聞かれると甲乙つけがたいところですが、自分の中のシンパシーに従った方が良いかもしれません。

箱ヘルは非常に安全性の高いヘルスです。
というのも店舗の中には常に男性の受付がいるということもあり、もしお客さんに無理な注文をされてしまった場合に、デリヘルやホテヘルならば危険な状況でも、受付に助けを求めることが出来るからです。
さらに箱ヘルは回転率が非常にいいために、人気が出始めるととても稼げるものです。

ホテヘルのメリットは箱ヘルと違い、待機所からホテルまでの距離が短いホテヘルはさまざまなコースプランが用意されています。

たとえば、同じ120分のプレイ時間でも、前半60分を指名の女の子、後半60分にフリーの女の子をつけるといったお試しプランなどもあります。常連客に新人の女の子をつけてくれるので、お茶引きになるリスクが少なく自分を売り込むことができます。